アプロスのシルキーカバーオイルブロックとは?

お化粧はほとんどの女性にとって欠かせないもの。

 

しかし、お化粧に関する悩みもたくさんありますよね。

 

毛穴が目立ったり、皮脂の多いTゾーンがテカッたり、化粧崩れだったり、様々な悩みをお持ちだと思います。

 

そんな悩みから解放してくれるアイテムがあればいいのにと思ったことはありませんか?

 

今回は、そんな悩みを解決してくれるシルキーカバーオイルブロックという化粧下地を紹介します。

 

シルキーカバーオイルブロックは、お肌の凹凸をなくし、お化粧の仕上がりやモチをよくしてくれるとても優秀なアイテムなんです。

 

化粧崩れの原因には、毛穴の開きや、小じわにファンデーションがたまってしまうことなどがあるのですが、この下地を使うと、
微粒子が毛穴や小じわに入り込むことによってしっかりカバーしてくれるのです。

 

 

シルキーカバーオイルに配合されている全成分がこちら!

次に、シルキーカバーオイルブロックの成分を紹介します。

 

肌に直接付けるものなので知っておくと安心ですよね。

 

ジメチコン、シクロペンタシロキサン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)、クロスポリマー、アクリレーツクロスポリマー、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、トリメチルシロキシケイ酸、イソノナン酸イソノニル、ジメチルシリル化シリカ、セリシン、アーチチョーク葉エキス、加水分解コラーゲンプラセンタエキス、ヒアルロン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ポリクオタニウム‐51、エタノール、水、ヒドロキシプロピルキトサン、フェノキシエタノール、カルボキシメチルキチン、BG

 

となっています。

 

無香料、無着色でパラベンフリーです。

 

主成分にジメチコンとありますが、これはシリコンのことです。

 

シリコンと言えばよくないイメージもあるので、不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

そこで、これからシリコンの安全性について説明していきます。

シリコンは肌に悪いって本当?そもそもシリコンって何?


https://www.shiseidogroup.jp/rd/topic/silicone.html

 

シリコンは、正式にはシリコーンと言います。

 

調理用品や医療現場の用品など、私たちの身近な物にもたくさん使われています。

 

たとえば、シリコン型のマフィン型やケーキの型、調理の時に使う木べら、コンタクト、医療現場の手袋・チューブ…などです。

 

ノンシリコンシャンプーがあるように、化粧品では、シャンプーなどのヘアケア用品やに使われることが多いです。

 

シリコンというと、「毛穴に詰まりそう…」「地肌に悪そう…」といったイメージがありますが、シリコンが毛穴に詰まったり、地肌に蓄積したりすることはありません!

 


https://www.shiseidogroup.jp/rd/topic/silicone.html

 

 

むしろ、シリコンは、髪の毛がきしんだり、からまったりするのを防いでくれるので、髪を洗うときのダメージを最小限に抑えてくれます。

 

摩擦こそが髪の最大のダメージなのです。

 

化粧品にはシリコーンオイルとして配合されており、水や汗を弾き、滑り心地をよくする特性があるので、使い心地をよくするために使用されています。

シリコンは毛穴に入り込んでとれない!?シリコンの安全性についてもっと知る!

さて、シリコンは本当に悪い成分なのでしょうか?

 

結論から言えば、悪い成分ではありません。

 

人体に悪い影響はありません!

 

「シリコンは体に悪影響がある」「シリコンは毛穴に入り込んで取れない」「シリコンは皮膚呼吸できなくなる」などなど、シリコンのイメージは本当にわるいですよね!!笑

 

このシリコンに悪いイメージが付きまとう理由は、アメリカにて発がん性リスクの可能性があるとされたから。

 

シリコンの発がん性のリスクが騒がれたのは、1992年のことなのですが、実は、このときの実験データはデータ不足で、よくよく実験を重ねてみたら、安全だった!というオチなのです。

 

シリコンの安全性は、2006年に確認されています。

 

そして、日本でも、「人体に害はない」として厚生労働省が認可されています。

 

シリコンは毒性を持たず、生体適合性(材料が生体に優しく、副作用など有害な影響を与えない。また生体からも生体環境の影響を受けずに良くなじむ性質)もあるので、極端な話、間違って、シリコンを食べてしまっても人体には無害です。

 

シリコンは、シルキーカバーオイルブロックのように化粧品はもちろん、医療現場や食品などにも使われているくらい安全性が高いのです。

 

「シリコンを塗ると皮膚呼吸できない」といわれると、シリコンのみっちりしたイメージも相まって、なんだか「肌に悪そう」「毛穴に詰まりそう」な感じがすごくしますが、

 

 

人間は皮膚呼吸しませんからー!!

 

 

息止めたら、死ぬでしょ?

 

 

うん、人間は、肺呼吸。

 

 

もちろん、毛穴に、みっちりと膜を張るのは間違いない。

 

けれど、そのみっちりとシリコンが肌に膜を張ることこそが、肌をきれいに見せるのですから、これが肌に悪いと考えるのであれば、シルキーカバーオイルブロックを使うのはやめた方がいいです。

 

私的には、シリコンを肌に付けた後に大切なのは、クレンジングをしっかりすること!

 

クレンジングをしないと、そりゃ、シリコン=肌に悪いです。

 

シリコンそのものは安全な成分ですので、ご安心ください。

シルキーカバーオイルブロックが肌にもたらすメリット・デメリットとは?

続いてこの下地がお肌にもたらすメリット・デメリットを紹介します。

 

まずメリットは、肌をきれいに見せてくれることが最大のメリットですね!

 

美容成分がたくさん配合されているので、お化粧と同時にスキンケアもできるのもメリット!

 

 

成分を見ると、ヒアルロン酸Naやプラセンタエキスなど、お肌に嬉しい美容成分が配合されているのがわかります。

 

毛穴をきれいに埋めながら、毛穴やお肌のケアもしてくれるなんて…なんて優秀な子!

 

 

デメリットとしては、クレンジングをしっかりしなければいけないことです。

 

…デメリット?という感じですが(;^ω^)

 

当然、メイクをした日にクレンジングをしないと肌の負担になります。

 

毛穴を隠す化粧品なので、しっかり落とさないと、毛穴詰まりや肌荒れの原因にもなります。

 

「しっかり」といっても、普通にクレンジング材を使えば落ちるのでご心配なく。

 

絶対してはいけないのは、洗顔で終わらせてしまう(クレンジングをしない)ことです!

 

洗顔は基本的に水性なので、油性であるシルキーカバーオイルブロックは落ちません〜。

 

シルキーカバーオイルブロックをクレンジングをお忘れなく〜!

 

 

 

シルキーカバーオイルブロックはエビ・カニアレルギーの人は使えないって本当!?

 

 

また、シルキーカバーオイルブロックの中には、キチン・キトサンという成分がありますが、これはカニやエビの甲羅から取れる成分です。

 

こう聞くと、カニ・エビアレルギーの方だと、ちょっと心配になるかもしれませんね!

 

しかし、ご安心ください!

 

キチン・キトサンは、確かに、カニやエビの甲羅から抽出される成分ですが、製造過程で、アレルギーの原因になるタンパク質をしっかりと取り除いています。

 

製造過程の話になるので、少し難しいですが、強アルカリで、脱アセチル化処理を行っているのです。

 

この脱アセチル化処理を行うことにより、アレルゲン物質であるタンパク質は完全に分解されています。

 

実際に、キチン・キトサンをアレルギー検査薬で検査しても、アレルゲン物質は検出されないのです。

 

カニ・エビの甲殻アレルギーの方も安心してお使いください。

シルキーカバーは肌荒れの時に使って大丈夫?

シルキーカバーオイルブロックは、美容成分が豊富なので、基本的に肌荒れしている時でも使うことができます。

 

しかし、肌荒れが悪化しないようにしっかり落とすことは心がけるようにしましょう。

 

とにかくクレンジングだけをちゃんとすれば大丈夫です!

 

乾燥肌や敏感肌の方は一度パッチテストをしてから使うほうが安心かも!

 

皮脂吸着パウダーが入っているので、乾燥肌の方は乾燥を感じてしまうかもしれません。

 

部分的に皮脂の気になるところだけ付けることをおすすめします。

 

 

また、エタノールが入っているので、エタノールにアレルギーがある方はパッチテストをお忘れなく!

シルキーカバーオイルブロックのは使用期限はいつ?開封後、どのくらいで使い切るのがベスト?

使用期限ですが、製造から未開封で3年、開封後は2か月で使いきることが推奨されています。

 

…部分使いしていると、2か月では絶対使い切るのは不可能ですね(笑)

 

私は、半年くらいかけて使っていますが、大丈夫ですよ。(私の肌が鈍感なのか…(;^ω^))

 

あくまで、目安にしてください。

まとめ

 

シルキーカバーオイルブロックは、お化粧の仕上がりやモチを良くしてくれるだけでなく、スキンケアまで同時にできるなんて一石二鳥な化粧品です。

 

毛穴や小じわにお悩みの方は、ぜひお試しして効果を実感してみてくださいね〜!