《永久保存版》シルキーカバーオイルブロックの正しい使い方を徹底伝授!

 

ここまでシルキーカバーオイルブロックについての概要や効果を説明してきました。

 

しかし、お化粧品は正しい使い方をしないと効果を十分に発揮することができません。

 

シルキーカバーオイルブロックの効果をしっかり実感できるように、正しい使い方を知っておきましょう。

《永久保存版》シルキーカバーオイルブロックの正しい使い方を徹底伝授!

次に、実際にお化粧前に使用する際の正しい使い方を説明します。

 

お化粧では他にも色々なアイテムを使いますが、シルキーカバーオイルブロックはどの順番で使うといいのか、塗り方も交えて説明していきますね。

 

基本的にシルキーカバーオイルブロックは、お化粧の一番最初に使っていきます。

 

ベースメイクでは、コンシーラー、カラーコントロール、下地、ファンデーション(bbクリーム・リキッド・パウダーなど)、日焼け止めなどを使われている方が多いのかな?

 

それぞれの使うタイミングとしては、

 

日焼け止め⇒シルキーカバーオイルブロック⇒下地・カラーコントロール⇒コンシーラー⇒ファンデーション⇒おしろい・フェイスパウダー

 

というのが基本的な流れになります。

 

日焼け止め


まず、日焼け止めを使う場合です。

 

シルキーカバーオイルブロックには日焼け止め効果が入っていないので、夏など紫外線が気になる時期には日焼け止めを塗りましょう。

 

日焼け止めはシルキーカバーオイルブロックの前に使います。

 

しかし、公式サイトによれば、日焼け止めのテクスチャーによっては後に使うこともできるそうです。

 

 

 

シルキーカバーオイルブロック


日焼け止めを塗らない季節は、スキンケアのあと、シルキーカバーオイルブロックを使います。

 

ポイントは、シルキーカバーオイルブロックを塗る際、多くつけすぎないこと!

 

カバー力を上げようとして多くつけたり、塗る範囲を広げてしまうと返ってヨレやすくなり、化粧崩れの原因となってしまいます。

 

最初は薄く取り、くるくるとお肌になじませるように塗ります。

 

重ねる場合も薄く少しずつ塗るようにしましょう。

 

 

 

下地・カラーコントロール

 

シルキーカバーオイルブロックを付けた後は、下地やカラーコントロールなど、トロッとしたテクスチャーのものを仕込みます。

 

すでに、シルキーカバーオイルブロックと日焼け止めを塗っている状態なので、下の層を崩さないように、優しく優しく全体に乗せるのがポイントです。

 

 

コンシーラー

 

コンシーラーは、クマや濃いシミやそばかす、ニキビ跡など隠しきれなかった肌悩みを隠す役割があるアイテム。

 

カバー力がある分、厚塗り感が出やすく、化粧崩れもしやすくなるので、使わないなら使わないほうがいいです、

 

コンシーラーはテクスチャーの種類で使うタイミングが変わってきます。

 

クマやほうれい線などを隠すどゆるいテクスチャーのコンシーラーは、ファンデーションの前に使います。

 

反対に、シミやニキビ跡を隠すような固いスティック状のコンシーラーはファンデーションのあとに使いましょう。

 

ただ、ファンデーションがパウダーファンデの場合はパウダーファンデーションの前に使います。

 

ややこしいですね(;^ω^)

 

 

ファンデーション

ファンデーションを使うときの注意点として、シルキーカバーオイルブロックや下地を塗った場合は、少し時間をおいてから使うようにしましょう。

 

水分が残ってしまっているとお肌になじみにくく、よれやすくなってしまいます。

 

ファンデーションは、リキッドファンデーション、BBファンデーション、クッションファンデなど水分があるテクスチャーのものを使う場合は特に注意してくださいね。

 

お肌に馴染んだ後に塗った方が、油分が混ざることもなく綺麗に仕上がります。

 

ちなみに、リキッドファンデーションを使う場合は、シルキーカバーオイルブロック、ファンデーション、コンシーラーの順番で使用し、パウダーファンデーションを使う場合は、シルキーカバーオイルブロック、コンシーラー、ファンデーションの順番で使います。

 

粉系は最後というイメージを持ってください。

 

 

おしろい・フェイスパウダー


テカリが気になる人は、仕上げとして、フェイスパウダーを使うのもおすすめです。

 

お顔全体でなくても、Tゾーンなど、油分が出やすいところだけにぬると化粧崩れしにくくなります。

 

シルキーカバーオイルブロックはクレンジングでおちるの?

 

シルキーカバーオイルブロックは化粧下地なので、クレンジングは必須です。

 

しかも、毛穴に直接入り込むものなのでしっかり落とさないと毛穴詰まりを起こし、肌荒れの原因となってしまいます。

 

毛穴を埋める化粧下地なら落ちにくいのではないかというイメージを持たれがちですが、そんなことはありません。

 

一番洗浄力のあるのはオイルクレンジングですが、洗浄力が強いので、必要な皮脂まで落としすぎてしまうなど、肌質によっては
合わない人もいます。

 

お肌に優しいのはミルクタイプやジェルタイプのクレンジングになります。

 

これらのクレンジングでもきちんと落とすことができるので安心してくださいね。

シルキーカバーオイルブロックは化粧崩れしやすい?口コミまとめ

最初に実際使ってみた方の口コミを見てみましょう。

 

シルキーカバーを使用して6年目になります
「陶器のような肌」とうたわれていますが、まさにその通りだと思います。
初めて使用した時は今まで感じた事のないテクスチャで驚きましたが、使用して更にビックリ!
毛穴が塞がれ、肌のトーンが2トーン程upしました。今ではシルキーカバーのみでファンデも要らずに仕事・プライベートを過ごしています。
一つだけ欠点をいうと、乾燥の時期にはテクスチャがポロポロ落ちてきてノリが悪いことがあります。
https://www.cosme.net/product/product_id/2917106/review/507326457

 

クリームとワックスを足して割ったような初めてのテクスチャー。固めですが、伸びはとてもよく、使用後はさらさら。なめらかで陶器の様な肌に仕上がります。
汗などによる崩れもなく、その後の持ちも良いです。サッとひと塗り30秒で肌の透明感が上がり、自然なすっぴん風素肌が完成します。手軽に気になる毛穴や小じわ、シミまでしっかり隠しながら、デコボコのないフラットな素肌に仕上がるの♪
その上から薄くファンデーションをのせると、すっぴん風メイクを目指せます。
https://www.cosme.net/product/product_id/2917106/review/507113592

 

どんなに暑くてもベタつかないシルク肌を朝から晩までキープしている秘密は魔法の下地シルキーカバーオイルブロックのおかけです
https://twitter.com/maironosuke/status/888902024137277440

 

口コミを見ていると、乾燥の時期にはポロポロと落ちてきてしまうという声が見られました。

 

皮脂を吸着してくれるパウダーが入っているので、乾燥の時期には必要な皮脂まで吸い取ってしまうのかもしれません。

 

しかし、「使うとさらさらする・べたつかない」と声があるようにベタつきの気になる人にはぴったりです。

 

朝から晩までシルク肌をキープしてくれるという声もあり、化粧モチが良くなるのも特長♪

 

秋冬などの乾燥する時期よりも、汗や皮脂によるベタつきの気になる夏に使用すると化粧崩れ防止が期待できます。

まとめ

ここではシルキーカバーオイルブロックの正しい使い方をまとめてみました。

 

正しく使うことが化粧品の効果をきちんと実感することに繋がります。

 

使う順番や落とし方をしっかり守ってお化粧を楽しみましょう。